fc2ブログ

Home > 未分類 > クリスマス前夜に、阿部薫を聴く。

クリスマス前夜に、阿部薫を聴く。

  • Posted by: 和泉 昇
  • 2010-12-24 Fri 03:51:00
  • 未分類

部屋の片付けをしていて、一冊の本に、眼を奪われる。


フォト

          『阿部薫覚書』(1949-1978)編集/阿部薫覚書編纂委員会


          ワイングラス


わたしはあなたの演奏なんか、まったく興味がない。
わたしにとってのあなたは、ただの男だから。
(「阿部薫のこと」鈴木いづみ『カイエ』1979.1)


          ワイングラス


きみと別れたら、もう二度ときみみたいなひとに会えないと思ったからだ。きみのエネルギーの量はすごい。しかもそれが集中されている。コンクリートの壁をギリギリ回転しながらつらぬくようなところがある。なぜかっていうと、それは、きみがキチガイだからだ。


          ワイングラス


ジュン(阿部薫)の自己確信の深さは、痛んだ奥歯みたいにゆるぎないのだ。ちょっとさわっただけで(わたしがからかっただけで)激烈な反応をしめす。ゼッタイにまちがってない、と彼はいいはる。それだけつよい抵抗があるのは、よほどの重症なのだ。手がつけられないほど、病状がすすんでいるのだ。
気が狂っているのだからもう相手にすまい、とわたしは決めた。それがまた、彼には不愉快なのだった。わたしが無関心になることを彼はゆるさなかった。いっしょにいてぼんやりしているとおこる。彼でなく花びんを見ているだけでも腹を立てる。いつも、いつでも、真剣に彼に注目していなければいけないみたいなのだ。


          ワイングラス


彼には重大な障害がある。
彼は全世界をのみつくしたいのだ。それほど飢餓感はひどいのだ。


          ワイングラス


「きみがパニックをおこしはじめたときは、おもしろくなかった。これしきのことで、と思った。だって、愛するってのはそんなに生やさしいものじゃないのだ。ぼくが死ねといったら、きみはその理由もきかずに死ぬくらいでなきゃだめなんだ」

ぜんぜん愛してなんかいない、わたしは。彼はどこでどう勘ちがいしたんだろう。それに、条件としては相手に要求しすぎている。


          ワイングラス


「きみのヒステリーは、どんどんひどくなった。とどまるところを知らなかった。実際に目が見えなくなった。きらいな男を見たくなかったのだ。きみの憎しみは徹底していた。それで、きみはぼく以上にきまじめな人間だということがわかった」

まじめでさえあればいいってもんじゃない、とわたしは思った。

……疲れる。現に、わたしはこんなに疲れている。ジュンを憎むのにも疲れた。


鈴木いづみの自伝的長編小説『ハートに火をつけて! だれが消す』からの引用。
(阿部薫の死後6年、1983年 三一書房刊)


          ワイングラス


阿部が死んで、鈴木いづみは呪縛を解かれたような、つよい解放感を味わったに違いない。それはやがて、この世で唯一の理解者を失ってしまった激しい喪失感にかわっていく。彼女は、阿部の演奏テープを聴き、阿部の本を書き上げる作業中に、自死した。
(「鈴木いづみの描いた阿部薫」沢田恭子)


          ワイングラス


鈴木いづみ。
1949年静岡生まれ。10代の頃から小説を書き、上京してからはモデル、ピンク女優等をしながら執筆を続け、1970年文学界新人賞候補。その頃からマスコミで精力的に活躍。一切の権威めいたものを信用しない一種偽悪的な文体は、当時の大学生などに大変人気があった。1973年阿部と知り合い、結婚。一女をもうける。


          ワイングラス


人と人、男と女が、本気で向かい合う。
その場所でしか、決して見えないもの。


          ワイングラス


クリスマス前夜に、阿部薫を聴く。


フォト

http://www.youtube.com/watch?v=RvsI_CYT0BY



関連記事
スポンサーサイト



Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://noboruizumi.blog103.fc2.com/tb.php/17-4d5e8b84
Listed below are links to weblogs that reference
クリスマス前夜に、阿部薫を聴く。 from Editorial Airplane

Home > 未分類 > クリスマス前夜に、阿部薫を聴く。

Tag Cloud
Search
Links
Feeds

Return to page top