FC2ブログ

Home > 2011年08月

2011年08月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

武満徹さんの声

  • Posted by: 和泉 昇
  • 2011-08-16 Tue 03:11:40
  • 未分類



夜中に、武満徹さんの懐かしい「生の声」を聴く。




takemitsukoe 



『紙のピアノ』  http://bit.ly/ozxhqC



『音、沈黙と測りあえるほどに』。
久しぶりに、武満徹さんの「言葉」を読み直したくなり、
積み上げられた本の山を崩し始める。

確かにあるはずなのに、なかなか見つからない。
とにかく、珈琲を入れよう。

★2011年06月25日(土) twitter より



「人は声や音なしでは暮らせないように、人は沈黙なしでも生きることはできない。
人は貧しく、水道の乏しい音にも眼をさます… そんな頃に私たちは出会った」

やっと探し出した武満徹さんの本の冒頭には、
「余白に」と題された瀧口修造氏の言葉が置かれていた。

★2011年06月29日(水) twitter より



金子國義さんの直感

  • Posted by: 和泉 昇
  • 2011-08-06 Sat 07:09:51
  • 未分類
 

kaneko01 



kaneko02 



kaneko03




自身の絵の中で、キリストが剣を突き刺すものを何にするべきかを考え、
「本」に決める金子國義さんの「決断」。
未明に45分間、霞む眼をこすりながらも、最後まで見てしまう。

http://bit.ly/npHi0W

画家が「絵画」というものに籠める、論理とは一味違う「直感」の「感触」。 


(8月5日は、澁澤龍彦氏の命日)



★2011年08月06日(土) twitter より



Index of all entries

Home > 2011年08月

Tag Cloud
Search
Links
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。