Home > 2010年05月

2010年05月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

幸福な夜(びん博士のライヴ)

  • Posted by: 和泉 昇
  • 2010-05-29 Sat 05:15:00
  • びん博士


写真



びん博士のライヴ。
期待していた以上に、 いい気持ちで帰って来た。





博士の歌は、 もちろん上手いし、 声もいい。
詞の言葉も、 面白い。

しかし、 ただそれだけではないのだ。
7万本の壜のコレクションが示すように、 博士は、 博士自身の世界を生きている。
そのことが、 歌や、 会場や、 ご本人から、 しっかりとこちらに伝わって来るのだ。





人は、 本来ひとりひとりが、 それぞれの感受性や、 自分の世界を持っている。

なのに、 社会というものは何故か、 皆が同じように個性を殺して生きることを、
無言で 「 強要 」 しているように感じられてならない。

けれど彼の歌を聴いていると、

「 あっ、 これで、 いいんだよね 」

そんな気がして来るから不思議になる。


写真

写真






会場となった 渋谷の La mama の天井からは、
いつものように、 沢山の壜が吊られていたのだが、
スクリーン に映し出された映像を見ているうちに、 おっ、 と思った。

壜博士ご本人が、 帽子をかぶり、 マントを羽織って、 空中に揺れているのだ。

天井から吊られた ラムネ の壜と、 もうひとつの壜の影とが重なり、
博士が、 宙に浮き、 漂っているように見えたのだった。


写真

写真


演出かな、 偶然だったのかな。

どちらにしても、 何とも楽しい映像だった。


写真

写真

写真

写真


舞台の左手前に置かれた 「 明かり 」 も凝っていた。

紙の箱の中で、 何人かの男たちが、
何やら話し込んでいるような 「 幻想 」 に捉われる。


写真


ライヴ会場の空間自体が、 完全にひとつの世界を作り上げていた。





演奏も、 あらかじめ公表されていたメンバーのほかに、 チェロ の 江原望 さん。
博士が教鞭を執っている 武蔵大学の学生・渡辺レナ さんもコーラスで加わり、
どこか信頼するもの同士の、 温かい雰囲気を醸し出していた。


写真


歌は、 心 を伝えるもの。
そんな気分にさせてくれる幸福な時間だった。





前回は、 ライヴ終了後に、 会場でゆっくりお話も出来たのだが、
昨夜は、 その後に用事が入っていて、 先にお暇するしかなかった。

NHKの取材の途中なのに、
片手を上げて挨拶をして下さった、 その自然な感じにも、
博士の人間としての大きさが感じられた、 気持ちのいい夜だった。


写真


壜博士、 ありがとう。
そして、 お疲れさまでした。





何だか、 作文のような文章になってしまったが、
たまにはこんな 「 日記 」 も、 まあ、 いいだろう。




■昨日の 「日記」 。
http://noboruizumi.blog103.fc2.com/blog-entry-63.html



★2010年 mixi 日記より


精神界通信 part Ⅶ (びん博士)

  • Posted by: 和泉 昇
  • 2010-05-27 Thu 04:48:00
  • びん博士

 
今夜は、 びん博士 ( 庄司太一氏 ) のライヴ がある。





奥様とお二人で 『五感の薔薇展』 も見に来て下さり、
カーネーション や カスミソウ をあしらった、
薔薇以外のお花をお持ち下さった唯一の方だ。

自宅に持ち帰った薔薇たちが、 生命を細くしていく中で、
この花束だけは、 いまだに元気に輝いている。





このところ、 なかなか、
知人たちの ライヴ にも顔を出せないでいたのだが、
今夜は、 久しぶりに出掛けようと思っている。


写真


精神界通信 part Ⅶ
闇の中を漂う者たちのために、
     いざ、魂の再生のために


日時 : 2010年5月27日(木) open 18:00 start 19:00
場処 : 渋谷・LA MAMA(東京都渋谷区道玄坂1-15-3 B1)

ボーカル・ギター:びん博士
ベース:西部年彦
ピアノ・アコーディオン:園田容子
ギター:椙元広雪/ドラム:阿保拓

前売2,500円 当日2,800円 学割 2,000円(学生証提示)(+1 drink オーダー)
問 : La mama / phone:03-3464-0801 (15:00-22:00)





今夜は、 NHKの取材も入るらしい。
NHK総合テレビ 『 こんにちはいっと6けん 』 ( 関東地方 )
放映日 : 6月4日 (金) 午前11時05分~11時53分
「 人生わたし流 」  コーナー  約11分





それにしても、 DM の中の びん博士。
いったい何を、 反省しているというのだろう (笑) 。



■前の日記も、 一緒に。
http://noboruizumi.blog103.fc2.com/blog-entry-85.html


★2010年 mixi 日記より



深海に生きる魚たち (かわなかのぶひろ&びん博士)

  • Posted by: 和泉 昇
  • 2010-05-27 Thu 04:19:00
  • びん博士
 

今夜は、 久しぶりに びん博士 の ライヴ に出掛ける。

前回 びん博士 の ライヴ に出演した映像作家、
かわなか のぶひろ 氏 の 「在り方」 について書いて置こう。

もっと早くに書いて置きたかったのだが、 時間が足りなかった。


写真


思い出の貴重な 「 映像 」 を スクリーン に映し、
手回しで充電する蓄音機をまわしながらの、
びん博士 との ゆったりとした対談は、 実に趣があり、
走り去る時間の流れに、 魔法を掛けたようであった。
これは、 びん博士 と かわなかさん の お人柄 によるものだろう。

しかし、 ゆったりとしているばかりではなく、 彼らは自分から行動している。





『 映画芸術 』 no.431 に、 かわなかさんの インタヴュー記事があり、
その中の言葉が、 長いこと、 頭を離れなかった。
以下は、 かわなか さん の 「 言葉 」 から。





大島渚の最初の本 『 日本の夜と霧 大島渚作品集 』 に収録された
シナリオ 『 深海魚群 』 の巻頭に、
「 深海に生きる魚たちは 自ら輝かなければどこにも光はない 」
という意味の エピグラム が掲載されていて、
「 そうだ、自分でやらなければならないんだ! 」
と妙に昂揚した気分になって 8ミリフィルム を撮りはじめました。

ご興味のある方は、 下記を。
http://eigageijutsu.com/article/117902636.html





「 深海に生きる魚たちは 自ら輝かなければどこにも光はない 」

びん博物館を訪問させて戴いた時に、 静かに輝いていた あの壜たち。
あの日に見た 「 光 」 が、 私の頭の中で、 この言葉に重なって甦ってくる。


写真


正確に言うなら、 大島渚の 「 言葉 」 が、 かわなか さん に伝わり、
それが びん博士 との結びつきを呼び、 そこから私にまで流れ着いたことになる。





自分自身を、 しっかりと見つめ、
大切なことを、 大切に扱っている人たち。

いい人のまわりには、 いい人が集まっている。





さて今夜は、 どんな世界と、 めぐり会えるのだろうか。



■かわなかのぶひろ氏
 wikipedia より 

■びん博士 & 前回のライヴ関係の日記
http://noboruizumi.blog103.fc2.com/blog-entry-87.html
http://noboruizumi.blog103.fc2.com/blog-entry-86.html
http://noboruizumi.blog103.fc2.com/blog-entry-85.html


★2010年 mixi 日記より



Index of all entries

Home > 2010年05月

Tag Cloud
Search
Links
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。