Home > 2008年06月

2008年06月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

宗左近さん 飯田善國さん

  • Posted by: 和泉 昇
  • 2008-06-23 Mon 01:46:00
  • 未分類


一昨年に、とても大切な大先輩を、立て続けにふたりも亡くした。宗左近さんと、飯田善國さん。先生と呼ばずに「さん」なのは、逆に、人間としての「尊敬」と「愛情」が籠められていると思って欲しい。

     写真     写真
            宗左近さん                    飯田善國さん


2006年の4月19日に飯田さん。その二ヶ月後の6月20日に宗さん。
まるで、連れ立って旅立たれたかのごとくである。
その二年前の2004年5月31日に日本経済新聞社から発行された『日本の美・その夢と祈り』という本が、私にとって、おふたりの思い出を籠めた最後のものになった。
宗さんから「和泉さん、今までに色々書いたものを本にして置きたいのだけれど、全てあなたに任せるから、考えてくれないかなぁ」と、唐突に言われた時には、正直、尻込みした。私ごときに出来る仕事ではない。
原さんという若い詩人の編集者も手伝ってくれるから、と言われ、「では、考えてみます」と、思わず答えてしまった。いつも、思わず引き受けてしまうのだ。
たくさんの方に読んで貰いたいので、お預かりした文章の掲載誌(紙)の中で、なるべく知名度が高い所を考える。その中で、もしかしたら引き受けてくれる可能性があったのが、日本経済新聞社だった。しかも、この新聞の文化欄は定評がある。
以前、ちょっとだけお話したことがある程度の編集長に手紙を書く。
何とか会って戴いたのだが、内容が素晴しいのは充分に分かるのだが、経済的に折り合うかどうかという点で、辞退される。500頁ものサンプルを持ち込んだのだから当たり前かもしれない。出版社の社員は、皆、書籍の売り上げで生活をしているのだ。それでもまだ食い下がり、250頁ほどのものに修正、再度面会を申し込む。「あなたも、ずいぶん食い下がるねぇ」という顔をしながらも、そこは文化度の高い編集長、根負けしたふりをして、最終的には出版を約束して下さった。結局、編集制作も引き受けることに。私の仕事は、こんな風に、いつもゲリラなのです(笑)。


     写真     写真

図版もたくさん使用するので写真使用料もかかるし、造本もある程度ちゃんとしたい。でも定価は、あまり高く出来ない。装丁も、ちゃんとした方に……。そこで頭に浮かんだのが、飯田さんだった。
おふたりは、互いに尊敬し合い、文学にも美術にも造詣が深い。少し前から知人の企画している日本とフランスの美術家の交流のための展覧会「日仏現代作家展」の審査員をお願いし、一年に一度は必ずお会いしていたので、とにかく、お願いをしてみる。すると「和泉さんと、宗さんの頼みなら、断れないでしょ」と、快諾して下さった。宗さんは、わかるけど、私は……、と思っていたら「あなたは、僕の作品を昔から理解してくれている。作家にとっては、とっても嬉しいことなのですよ」と、言って下さる。温かい人だ。そうやって出来上がった本だった。

飯田さんが書いて下さった絵は、私の処女詩集の装丁と「兄弟」のような顔をしていた。
何だか本当に、嬉しかった。

亡くなる前に、おふたりと一緒に過ごせた時間は、かけがえのないものになった。

それにしても、この、おふたり。いいお顔をなさっているなぁ。


宗左近
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%97%E5%B7%A6%E8%BF%91

飯田善國
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%AF%E7%94%B0%E5%96%84%E5%9B%BD
http://www.hds.co.jp/company/culture/iida/profile.html

「音」「リズム」(カルロス・サウラ パコ・デ・ルシア)

  • Posted by: 和泉 昇
  • 2008-06-19 Thu 15:23:00
  • 未分類
写真


     空中に
     文字や
     数字が浮かぶのは

     夢の中だけ
     ではない

     人間の頭の中に
     何時も
     飛び交って止まぬ

     文字や
     数字や
     罵りの言葉

     さてと

     一服
     いかがですか?   

         ワイングラス                    ( 「I & N 展」 2005夏 から 13)



前回の日記で、少しだけ、フラメンコについて書いたので、
関連して、カルロス・サウラ監督の「カルメン」を載せておこう。
West side story の映像が、どこかでダブっても来る。

新しくマイミクさんが何人か出来たが、その中の数名の方が、
「日記」に、ほんの僅かの言葉と「映像と音楽」を載せている。
もしかしたら、海外からいらっしゃっている方もいるのかな。
「映像と音楽」は、仲良く出来る「きっかけ」のための、共通言語かもしれない。


写真

Carlos Saura's Carmen (Tabacalera) - Cristina Hoyos & Laura Del Sol
http://www.youtube.com/watch?v=-csly3dWYTU


踊りがあれば、演奏も。やはりここは、パコ・デ・ルシア。
なんとなく、カルメンの時代に少しは近いような映像で。


写真
結構好きな感じのパコの写真(動画とは別です)

Paco De Lucia , Bulerias (La Plazuela)
http://www.youtube.com/watch?v=0UxHi3SIrPg


上のカルメンも、この動画も、
もうひとつの「主役」は、机を叩いて拍子を刻むリズムかもしれない。

作曲家の武満徹さんと、生前に少しだけご縁があり、
彼がある時期に毎年開催していた「今日の音楽(ミュージック・トゥディ)」は、よく聴かせて戴いた。彼の「耳」が、世界中から選んで来た優秀な演奏家を紹介する企画である。20年くらい続いただろうか。
ある年の企画のひとつに、六本木の映画館で「無声映画」を上映し、それに合わせて打楽器奏者たちが、拍子木などでリズムを刻むというものがあった。それが何年で、どんなメンバーであったのかは手許に資料がないので、今すぐには書けないが、なんとも新鮮で素晴らしい試みだった。
いわゆる「音楽」という、そのもっと手前に、
「音」があり、「リズム」があることを、はっきりと気づかされた経験だった。

そう言えば晩年の武満さんと、ある程度歳がいってからのパコ・デ・ルシアは、
どことなく表情が似ているような気がするなぁ。
どちらにも「哲学」を感じる。
あ、いけない、いけない。
もっと楽しんで聴かなきゃ。


終わりは、お勉強ではなく、素晴しく楽しいパコの「演奏と映像」で締めよう。


写真

Paco de Lucia - Entre dos aguas (1976) full video
http://jp.youtube.com/watch?v=2oyhlad64-s


紫陽花 ヴィスコンティ



20080605ajisai.jpg 

                                                                 


     紫陽花は
     地中の酸性度で
     花の色を変える

     と言う

     まっ白な
     紫陽花が

     花瓶いっぱいに
     溢れていた
     ホテルのロビー

     あれは確か

     ヴィスコンティの
     映画の中の
     一齣だった

                       ( 「I & N 展」 2005 夏 から 11  写真/中山豊)



          ワイングラス


若い時は、ヴィスコンティの映画が、とにかく好きだった。
徹夜のバイト明けに、池袋の文芸座へ五本立ての上映とかを見に行った気がする。
同じ「作品」を、何度も何度も、見に行った記憶もある。
彼の創り出す、色や、形に、ふれているだけで、満足だった。
その頃は「美しさ」の「毒」と、心中したい気分だった。

ところで、紫陽花の花言葉は、花が色を変えることから、
日本では「移り気」「浮気」らしい。
フランスの花言葉では、「忍耐強い愛情」。
「移り気」な相手に対しての「忍耐強い愛情」なのかなぁ。


★2008年 mixi 日記より









Index of all entries

Home > 2008年06月

Tag Cloud
Search
Links
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。